若返り美人へ

注射を活用する方法

自分が好きになる

ほうれい線のケアに利用されている手法の中で、特に手軽な方法としてあげることができるものには注射を活用する方法があります。
そして、ここで活用されるのはヒアルロン酸と呼ばれる、人体にも含まれるコラーゲンの一種です。
万能選手ヒアルロン酸とも呼ぶべき、人間の体内に存在する天然成分は美容業界において、たるんだ部分や足りない部分を持ち上げる用途で全身に利用されます。
ですから、ほうれい線のケアに利用するという目的であっても気軽に利用することができるようになっています。

そして、美容外科においてはヒアルロン酸の使い方に工夫がなされているところに注目できます。
従来の使い方よりも効果を発揮できるように、ほうれい線を始めとするシワやたるみが出ている部分を全体的に底上げする、面の視点からケアすることが出来る仕様になっています。
その結果、従前ではボコボコになるといった問題も懸念されていたヒアルロン酸注射の問題点をクリアすることに成功していて、多くの老化現象を乗り越える力になります。

さらに、注射を行うにあたって心配な針の痛みについても配慮がなされていることが特徴的です。
従来の予防接種などを考えると、それなりに強い痛みに耐える必要があると感じることもあるでしょう。結論から言えば、そういった痛みを感じることはまずありません。
注射において痛みを感じる理由は、針の太さにあります。
ほうれい線をケアするために利用することができる針は、極細マイクロカニューレと呼ばれる、痛みや内出血を可能な限り抑えることが出来る仕様になっています。ですから、施術を受けるときのことも、施術を受けた後のことも、一切心配をする部分がありません。
レーザー治療と同じように、施術が終わってからすぐにメイクをすることができることから、とても手軽に利用できる問題解決策として検討できます。
施術にかかる時間はレーザー治療を行った時以上の素早さで、レーザーでは30分ほどかかるところを10分ほどの施術で終わらせることができるのも魅力だといえるでしょう。

しかも、ほうれい線をケアすることができるという点はもちろんのこと、ヒアルロン酸というタンパク質成分が肌に補給されることで、肌の保水力自体が高まるといえます。
その結果、乾燥から出るカサカサ感を打ち消すことができたり、肌の凹凸感を滑らかにすることができたりする効果も期待できます。
体内の構造を向上させる基礎的な施術になるため、レーザーやサーマクールを利用した施術と併用することができる点も大きな魅力です。

担当医のカウンセリングの中で、どのような問題解決を行っていくかを考えるときに、必要に応じて上手に使い分けることができるのが、ヒアルロン酸注射の魅力です。